お試し問題

試験問題

スマートデバイスの特徴に関する記述のうち、適切なものはどれか。
  • 【ア】マウスを使って、カーソルを操作する。
  • 【イ】指やペンで画面をタッチして、操作する。
  • 【ウ】パソコンと同じアプリをインストールできる。
  • 【エ】動画編集や写真加工に向いている。

正解はココをクリック>>
正解:【イ】
ア・エはパソコンの特徴。ウはパソコンと同じアプリがインストールできるとは限らない。
<<閉じる
次の無線LAN規格のうち、100Mbpsを超える高速な無線LAN規格はどれか。
  • 【ア】IEEE802.11a
  • 【イ】IEEE802.11b
  • 【ウ】IEEE802.11g
  • 【エ】IEEE802.11n

正解はココをクリック>>
正解:【エ】
アとウは54Mbps。イは11Mpbs。
<<閉じる
インターネット電話の記述として、最も適切なものはどれか。
  • 【ア】0AB~J番号を取得することができる。
  • 【イ】光回線やCATV回線の導入が必須になっている。
  • 【ウ】一人の個人において、1つの番号しか保有することができない。
  • 【エ】VoIPアダプタを設置する必要がある。

正解はココをクリック>>
正解:【ア】
イは、ADSLでも対応可能。ウは一人でも複数持つことが可能。エは、050IP電話アプリはVoIPアダプタが不要。 <<閉じる
インターネットサービスの利用代金を通信キャリアの毎月の通信料と一緒に支払う方法はどれか。
  • 【ア】ネットバンキング決済
  • 【イ】アプリ内課金
  • 【ウ】プリペイド決済
  • 【エ】キャリア決済

正解はココをクリック>>
正解:【エ】
アは、インターネットバンキングと連携し、インターネットサービスの決済を行う。イは、アプリ内で決済する方式。
ウは、事前に一定金額を支払い、サービス購入時に残高を減額していく方式。
<<閉じる
コンプライアンス教育の企画・推進やルールを守るための社内体制づくりとして、最初に実施すべき事項はどれか。
  • 【ア】すぐに相談できる窓口(ヘルプデスク)を設置する。
  • 【イ】担当部署を設置し、推進責任者の明確化を行う。
  • 【ウ】経営トップが遵守事項や方針を宣言する。
  • 【エ】社内体制を整えた上で、同時に監査を行う。

正解はココをクリック>>
正解:【ウ】
経営トップがまず遵守事項や方針を宣言し、その上で担当部署を設置し、推進責任者の明確化を行う。
<<閉じる
お問い合わせ先
一般社団法人 全日本電気通信
サービス取引協会
E-mail:info@telecomadvisor.jp