ご利用の条件

本サイトにてテレコムアドバイザー検定を受験される場合、必ず事前に以下のご利用条件をお読みください。ご利用条件の内容について同意された場合は「同意する」ボタンを押してください。お客様がご利用条件に同意されない場合、本サイトにてテレコムアドバイザー検定を受験できません。
(本検定に関するご案内について)
・一般社団法人全日本電気通信サービス取引協会(以下「当協会」といいます。)は、本検定に関するお知らせなどを、原則として当ウェブサイト上に掲載して、告知します。
・当協会は、本検定に関するお知らせ等をお送りするため、受験者登録の際に登録されたメールアドレスを利用することがあります。また、認定書を送付する郵便物などに当協会が運営するイベント等のご案内書面を同封することがあります。

(受験者登録)
・本検定の受験には、受験者登録が必要となります。ここでいう受験者とは、本ご利用の条件に同意のうえ、本検定に登録された方をいいます。

(受験者登録情報の取り扱い・変更等について)
・本検定の受験者が登録した個人情報については、当協会の「プライバシーポリシー」にしたがって取り扱います。
・受験者は、当協会に電子メールで、受験者登録情報を変更、削除を求めてください。

(申し込み)
・ 受験を希望する方は、 当ウェブサイトの申し込みのご案内に従って、手続きしてください。申し込み内容を確認し、内容に同意のうえ、「申し込む」ボタンを押した場合、申し込みとなります。
・申し込み受領後、当協会は所定の確認手続きを行います。この確認作業が終了した時点で、受験を希望される方と当協会との間で各検定試験サービスの購入に関する契約が成立します。受験者は、契約成立後に送信される「確認メール」にて手続きの完了を確認することができます。
・受験を希望される方は、当協会が定める申し込み方法以外の方法で、各検定試験に申し込むことはできません。また、申込期間を経過した場合は、当該検定試験に申し込むことはできません。

(受験料等)
・受験者は、検定試験の利用に際し、当協会が定める受験料を、クレジットカード(VISA,MasterCard,JCB,アメリカンエキスプレス)の決済方法にて支払うものとします。
・納付された受験料は、お返しいたしません。ただし、当協会の責めにより、受験者が受験できなかった場合は、この限りではありません。
・ 受験者は、当協会が告知した期間内にウェブサイトの案内に従って受験してください。受験期間が終了した場合、受験できません。なお、この場合、受験料の返還はいたしませんのでご注意下さい。

(実用結果)
・当協会は、受験者が受験終了した各検定試験の合否結果を、事前に告知したプログラム内容にしたがい、本検定を提供するウェブサイト上で通知します。

(認定書)
・当協会は、受験者の受験終了後、合格者のうち、認定申請がなされた者に対し認定証を発行し、発送時点での受験者登録情報に登録済みの日本国内の住所あてに送付します。認定証の再発行は行いません。

(注意事項)
・受験者は、受験の際に必要な受験IDや受験番号、パスワード等の機密保持、およびそれらを使用して行われた全ての行為に関し、責任を負うものとします。当協会は、本検定利用時に入力された受験IDや受験番号、パスワード等が受験者登録情報と一致することを所定の方法により確認した場合には、受験番号を保有する受験者による本検定の利用とみなし、第三者による不正使用であった場合であっても、受験者に生じた損害について責任を負いません。
・受験者登録情報の登録情報に変更が生じた場合は、受験者は、当協会にすみやかに電子メールで、変更の登録を求めてください。受験者が変更登録をされなかったことにより生じる損害について、当協会は責任を負いません。
・検定を正常にご利用いただくためには、当協会が推奨する端末およびネットワーク環境が必要となりますので、あらかじめご確認ください。受験者は、自らの責任と費用で必要な機器やソフトウエア、通信手段等をご用意いただき、それらを適切に設置、操作いただく必要があります。当協会は、受験者がウェブにアクセスされるための準備、方法などについては何ら関与いたしません。

(禁止事項)
・受験者は、検定試験に関し、受験者本人が受験するものとし、受験者以外の第三者に受験させてはならないものとします。
・本検定における受験者の資格、受験者資格に基づく権利義務、または認定書により証明される利益は、受験者に帰属するものであり、第三者に譲渡、売買、貸与または質入れ等を行うことはできません。
・受験者は、検定試験内容の一部または全部を、複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、使用許諾、転載、再利用してはならないものとします。

(本検定の利用停止等)
・当協会は、受験者が以下の行為を行った場合、受験者に対し何ら通知を行うことなしに、ただちに受験者に対する本検定の一部あるいは全部の提供を停止すること、受験者に受験料の返金を行うことなく本検定に関する当協会と受験者間の契約の全部または一部を解除すること、または受験者登録情報を削除することができます。なお、当協会は、受験者に対する損害賠償の請求を留保します。
(1)当協会が指定する期日までに受験料をお支払いただけないとき
(2)受験者が利用するクレジットカード会社において信用取引の対象として承認されない、または受験者が登録されている金融機関口座名義と受験者の名義が一致しない等の理由で、決済手段として指定されたクレジットカードや銀行口座の利用が不能または停止されたとき
(3)ご利用条件の違反行為を行ったとき、または法令に違反する行為をしたとき
(4)当協会が定める各種規約、各種サービスに関し定められた規約・ガイドライン等(これに準じるものも含みます)に違反したとき
(5)受験者登録情報または申し込み内容に虚偽の事項が含まれていると当協会が判断したとき
(6)その他当協会が受験者の本検定利用を不適当と判断した場合

(本検定内容の変更、停止、終了)
・当協会は、自己の判断で、受験者に事前に通知することなく、本検定の内容を変更、停止、または中止することができるものとします。

(免責と無保証)
・本検定の各試験問題の内容あるいはその水準については、当協会が独自に判断し作成するものであり、その内容や試験水準の判断、採点結果等について、当協会は、受験生に対し何らの保証もしくは責任を負うものではありません。
・本検定は、受験者が期待する目的や成果を保証するものではありません。また、本検定はインターネットの現時点での通常の技術水準を超えて提供されるものではなく、判断の誤り、サービスの中断、予期しない障害の発生など多くのリスクを抱えており、完全なサービス提供を保証するものではありません。
・当協会の重過失または故意に起因する事由に直接基づく場合を除いて、システムプログラムが受験者の要求に適合すること、正確に稼動することは保証していません。また、システムのメンテナンス等、当協会が必要と判断した場合には、利用者に事前に通告をすることなく休止する場合があります。あらかじめご了承ください。
・本約款に定める当協会の免責については、損害発生の直接的原因となる事由に関して当協会の重過失または故意に起因する場合には適用しないものとします。

(動作環境)
・本検定を受験するには、当協会が定める動作環境を満たしていることが必要です。当協会が定める動作環境を満たしていない場合は、受験システムがうまく動作しない場合や遅くなる場合があります。お客様の環境による受験の不具合に関しまして受験のしなおし、受験のキャンセル、科目変更、返金は一切お受けできませんので、申し込みの前に実際に受験できるパソコンかどうかを十分に確認してください。ただし、パソコンが正常に動作する環境であっても本検定の各検定試験が正常に動作することを保証するものではありません。あらかじめご了承ください。
※試験問題の対象となるオペレーションシステムは、 WindowsVista以降 または Mac OSX 10.6.7以降、ブラウザは、Internet Explorer 8 以上、Opera 9.5 以上、  Firefox 12.0 以上、Google Chrome(最新版)、Safari Mac OSX 10.6.7以降、またEメールの送受信が可能であること(メールソフト:Outlook Express 6以上)
お問い合わせ先
一般社団法人 全日本電気通信
サービス取引協会
E-mail:info@telecomadvisor.jp