「テレコムアドバイザー」取得と資格更新制度

テレコムアドバイザーになるには

  • 電気通信サービス全般に精通し、利用者側に立った適切な助言を行うことができる人材として、検定に合格し、認定を受けた者を「テレコムアドバイザー」と呼んでいます。
  • まず、公式テキストや新聞、専門誌を通じ、電気通信サービス分野の知識を学習していただきます。次に、テレコムアドバイザー検定試験を受験し、合格基準点を上回った人物を合格者とします。その後、アドバイザーを希望し、事務局へ申請されたのち、認定された者に対し、「テレコムアトバイザー」という称号を付与します。
  • テレコムアドバイザー認定を受けると同時に、「認定証(カード)」を発行します。(認定料2,160円(税込))
  • 電気通信サービスの発展や変化のスピートがはやく、テレコムアドバイザーには時代にマッチした知識が必要とされることから、テレコムアドバイザー資格の有効期限は1年としています。有効期限前後に実施される試験を受験し、合格ののち、認定を受けられると、新たに1年間、資格が有効になります。
↓認定証(見本)
合格証

テレコムアドバイザー資格 更新プログラム

  • 2013年度試験より、更新プログラム制度は廃止になりました。
    通常行われる試験を受験していただき、合格(認定)することで、更新となります。
お問い合わせ先
一般社団法人 全日本電気通信
サービス取引協会
E-mail:info@telecomadvisor.jp